トップページ

シリア各地の文化遺産は、戦闘により被災したり、博物館や遺跡から略奪盗掘にあい密売されたり、あるいはISによって故意に破壊されるなど、極めて深刻な状況に陥っている。これらの行為から文化遺産を守るために、文化遺産自体を正確に記録し、当該国の人々に文化遺産の重要性を啓蒙し、人々自身が持続的な保護活動を行うことのできる具体的支援を継続することを目的として本事業は活動している。具体的な支援の内容として、1) シリア文化遺産解説本の配布と教育 2) 文化遺産の記録・公開 3)文化遺産の保全・保護マニュアルの作成と配布・公開 を通じてシリア文化遺産の保全、保護を促進している。本事業は文化庁の文化遺産保護国際貢献事業の一環として、2015年度より活動を続けている。